Goal 8 ART COASTER PROJECT

【目標8】アートコースタープロジェクト

  • HOME
  • アートコースタープロジェクト

アートをより身近に。
飲食店向けアートコースタープロジェクト

アートコースタープロジェクトは飲食店のコースターに魅力的な障がい者アートをデザインし、お店のブランディングや企業のCSRに貢献する取り組みです。飲食店やカフェのコースターにアートを使用する事により、ふとした瞬間にアートを目にする機会を増やし、アートが好きなお客様にアプローチします。

肉割烹 にく久 様

Artist:高谷こずえ KOZUE TAKAYA
1970年生まれ/アトリエ輪所属

Bar hue 様

Artist:柴田鋭一 EIICHI SHIBATA
1970年生まれ/アトリエ集所属

MOGUのアートコースタープロジェクトは、
飲食店様向けの障がい者アートオリジナルコースターをご提案します。

MOGUのアートコースタープロジェクトは、「SDGs」の目標8、ターゲットの8.5に寄り添っています。
飲食店様のブランディングに合った障がい者アートを使ったオリジナルコースターをご提案します。
収益の一部がアーティスト所属の施設にロイヤリティーという形で支払われます。

カフェ、レストラン、居酒屋などのコースターにお使いいただけます。CONTACT

【目標 8】

すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する。
Promote sustained, inclusive and sustainable economic growth, full and productive employment and decent work for all

【ターゲット】

8.1 各国の状況に応じて、一人当たり経済成長率を持続させる。特に後発開発途上国は少なくとも年率7%の成長率を保つ。

8.2 高付加価値セクターや労働集約型セクターに重点を置くことなどにより、多様化、技術向上およびイノベーションを通じた高いレベルの経済生産性を達成する。

8.3 生産活動や適切な雇用創出、起業、創造性、およびイノベーションを支援する開発重視型の政策を促進するとともに、金融サービスへのアクセス改善などを通じて中小零細企業の設立や成長を奨励する。

8.4 2030年までに、世界の消費と生産における資源効率を漸進的に改善させ、先進国主導の下、持続可能な消費と生産に関する10カ年計画枠組みに従い、経済成長と環境悪化の分断を図る。

8.5 2030年までに、若者や障害者を含むすべての男性および女性の、完全かつ生産的な雇用およびディーセント・ワーク、ならびに同一労働同一賃金を達成する。

8.6 2020年までに、就労、就学、職業訓練のいずれも行っていない若者の割合を大幅に減らす。

8.7 強制労働を根絶し、現代の奴隷制、人身売買を終わらせるための迅速で効果的措置の実施、最も劣悪な形態の児童就労の禁止・撲滅を保障する。2025年までに少年兵の徴募や利用を含むあらゆる形態の児童就労を撲滅する。

8.8 移住労働者、特に女性の移住労働者や不安定な雇用状態にある労働者など、すべての労働者の権利を保護し、安全・安心な労働環境を促進する。

8.9 2030年までに、雇用創出、地元の文化・産品の販促につながる持続可能な観光業を促進するための政策を立案し実施する。

8.10 国内の金融機関の能力を強化し、すべての人々の銀行取引、保険、および金融サービスへのアクセス拡大を促進する。

8.a 後発開発途上国のための拡大統合フレームワークなどを通じて、開発途上国、特に後発開発途上国に対する貿易のための援助を拡大する。

8.b 2020年までに、若年雇用のための世界的戦略および国際労働機関(ILO)の仕事に関する世界協定の実施を展開・運用化する。